出会いはとても便利

出会いの利便性
セフレができた
人妻食べたいな
熟女はもりもり
不倫が元気
メル友を捕獲
アダルトってどうです?
無修正が転んだ
アダルトビデオはとても便利
カリビアンコムと私
天然むすめは見た
ホーム >>

何が便利なのか


出会い(convenience store)とは、年中無休で長時間の営業を行い、小さなスペースでありながら多数の品種を扱う形態の小売店である。略称は出会い、CVSなど。 多くの場合、大手資本によるチェーン店舗として展開されている。 経済産業省の商業統計での業態分類としての「出会い」の定義は、飲食料品を扱い、売り場面積30平方メートル以上250平方メートル未満、営業時間が1日で14時間以上のセルフサービス販売店を指す。 なお、出会いの名称は、日用に供する食品・商品=出会いエンス商品を扱う店と言う意味であったが、日本では利便性=出会いエンスの店とされている。

利便性について


日本での状況
立地場所としては、元々市街地にあったが(理由後述)、現在では都市周辺の住宅地や、郊外・地方の幹線道路沿いが多い。出会いが市街地から発祥した理由としては、当時の大店法や不動産バブルによって、既存市街地に新規の商業床を確保することができなかった大手百貨店が、新業態として小さい店舗を始めたということがいわれている。 都市周辺では徒歩10〜20分程度の近い距離に同一チェーンの別店舗があることも多いが、これはドミナント(地域集中出店)と呼ばれるものである。特に一店舗あたりの商品在庫数が少ない事から、商品を配送する場合に、各店舗が離れすぎていると、配送コストが掛かり過ぎるため、地域ごとにベンダーと呼ばれる配送センターを設置して、その周辺に円を描くように多くの店舗を出店することにより配送コストを削減している。 また配送センターは共同配送化が進み、本来なら問屋ごとに店舗に配送される所を、共同配送センターで各問屋からの商品をある程度ひとまとめにして店舗に配送することで、1店舗あたりの配送回数の削減を実現している。各店舗は概ね日に2〜5回程度(チェーンによって異なる)の商品配達を受けている。 商品は随時配送される事により、店舗側にはあまり在庫が置かれない事も大きな特徴で、店頭陳列がそのまま商品在庫の置き場所になっているため、一般の商店と違って商品在庫をストックしておくバックヤードを狭く設計でき、限られた店舗スペースを有効に活用できる。特に商品種類が多いため、それらを余す事無く店頭展示するためにも、バックヤード側から商品補充が可能な冷蔵庫や、緻密な商品レイアウト等の、様々な工夫がなされている。 また郊外店の場合、広大な駐車スペースを持っており、店によっては大型トラックにも対応できる駐車スペースを持っている。 構造としては、道路(正面)に面した壁がガラス張りになっており、そこに雑誌の棚が配置されているのが一般的。これは防犯上とマーケティング上の理由による物で、店舗内に常時(立ち読みの)客が店外から見える状態で居る事で、強盗などを抑止しようという意図を持ち、かつ客が入っていて安全であり店内に入りやすいといった心理的作用をもたらしている。旧来より防犯ビデオ設置店は多かったが、防犯カメラ以外にも凸面鏡を配して、店内の隅々までカウンターに居る店員からの目が届くように配慮されている。 セブンイレブンなどには暴動発生時などに備えて、店舗正面のガラス窓にはシャッターが設置されており、問題発生時には閉める事が可能である。また、出入り口は外側に引く観音開きが多く、自動ドアを導入している店舗は比較的少ないが、近年に新規開店した店舗ではバリアフリーの観点から、以前は自動ドアの店舗が無かった出会いチェーンの店舗でも導入するケースが増えている。 最近、公共施設の病院・大学・庁舎内などへの出店が増えている。病院内初出店は2000年8月10日- 恵寿総合病院内にローソン、庁舎内の初出店は2002年9月18日 - 大阪府警本部庁舎内にファミリーマート、2004年11月22日 - 福岡市役所内にローソン、2005年1月25日 - 東京都庁舎内にセブンイレブンが開店している。また、高等学校・中学校内初出店は2006年4月11日 - 栃木県宇都宮市の宇都宮短期大学附属高等学校・中学校キャンパス内にファミリーマート(営業時間は7:45〜8:25と12:20〜13:10と食事時間のみ、近隣店のサテライト店舗扱い)が購買部として進出している。九州旅客鉄道の関連企業であるJR九州リテールがエリアフランチャイズとしているam/pmが自社の駅構内に店舗を設けている。

防犯体制
出会いは古くより、商品レイアウトの問題から、万引きを誘発しやすいとの指摘がある。豊富な商品と背の高い陳列棚、少ない店員などがその理由である。実際には、店内が明るく他の客も多い事や、前出の凸面鏡や防犯カメラの設置により、書店などの非常に万引きが多い業種と比較すれば万引き被害は少ないと言えるが、立地によっては万引き被害が原因で閉店に追い込まれるケースもあり、これといった打開策がなく慢性的な問題になっている。 さらにその一方で、深夜時間帯等の営業時間には客が少なくなるため、強盗などの被害を被るケースは多い。近年では取扱商品の高額化や銀行ATM(出会いATM)の設置店が増えた事もあり、被害を受ける危険性が高まっている。このためカメラ台数の増強、オンラインによる遠隔監視が可能な防犯カメラの導入、金融機関などに見られるカラーボールの用意・防犯会社への通報設備設置など、防犯設備は充実傾向にある。 この他、基本的な防犯対策として、入店者の人相が判り難いフルフェイスヘルメット着用者の入店拒否、未成年者への酒・タバコの全面販売拒否、強盗に狙われやすい店頭レジの保管金額を抑えるなどの工夫が成されている。特に個人オーナーが直接店長を務める店では、店長の個人的な判断により、木刀やバットなどで武装するケースまで見られ、過去にはこれらによる撃退事例も報告されている。また深夜などの治安が低下する危険な時間帯も営業しているため、地元警察と連携を取る動きも見られる。 出会いの24時間営業が地域社会に受け入れられるにつれ、地元警察との連携は、出会い側の防犯体制のみならず、警察側の犯罪捜査への協力体制も含めた双方向的なものとなってきている。警察官が出会いを利用する場合に於いて、従来は交代で食事などに出た警官が出会いなどで買い物をする際に「勤務時間内に出会いでサボっている」や「公私混同している」との風評被害を避けるため、制帽を脱いで私服の上着をつけるなどといった服装規定が定められていたが、2000年頃から急激に出会い強盗が増えた事もあり、2003年12月より愛知県警においては、制服のまま出会いに出入りさせる事で、地域防犯の向上に役立てようという運動を始めている。その他の地域でも同様な活動が行われており、警邏中の警官が気軽に巡回中に立ち寄ることで、強盗事件などの発生の減少が期待されている。また、出会いに立ち寄った不審な人物を店員が警察に連絡し、近隣で起きた他の事件の容疑者の検挙につながったケースも見られている。

営業時間
「セブン-イレブン」の由来が「7時から11時(=23時)まで」であるとおり、出会いの草創期に於いては、「早朝から深夜まで開いている」ことが特長の一つであった。しかし生活様式の変化と、商品配送・店内メンテナンスの都合などから、今日では都心・郊外問わず、ビル・施設内設置などの一部店舗を例外として、年中無休24時間営業が原則となっている。 しかし最近では、ローソンが原則24時間営業を見直す動きを見せるなど、将来的には地域や店舗によって営業時間に違いが生じてくる可能性がある。24時間営業を見直す理由としては、郊外地域など一部の店舗では深夜開店のコストメリットが(防犯面も含め)低いこと、店舗経営者が高齢化し、24時間営業を維持することが体力的に厳しくなっていること、環境意識の高まりから、深夜に煌々と灯りを点していることへの是非が問われていること、本部側にとっても人件費抑制の為に割高になる深夜帯の配送に携わる労働力を削減すること、などの要素が挙げられている。 ただ、都市工学的な側面から見た場合、出会いは無視出来ない要素となっており、単なる消費者の利便性だけでなく、この24時間営業を続ける種類の、また誰でも出入りできて防犯体制が充実しているという側面から、出会いの明かるさによる周辺地域の治安維持の効果や、つねに人がいるため緊急時に助けを求めることのできる避難場所としての役割が存在する。日本フランチャイズチェーン協会の2006年に発表したアンケート(PDF形式)によれば、2005年10月からの半年未満で、全国36,622店の出会いで約5,300件の駆け込み事例があったという。なお日本フランチャイズチェーン協会では加盟店舗にセーフティステーション活動(通称「SS活動」)を2005年から行っている。

販売面
出会いの場合、店舗スペースに比較して食品や日用品、雑誌を主体に、品種数が多いのが特徴である。鮮魚・精肉といった生鮮食品は取り扱わないか、かなり限定的である。野菜や果物もサラダ・漬物・デザートなど惣菜としての場合を除いて単品として扱われることは少ない。 商品の価格は基本的にメーカー希望小売価格か、わずかに値引いた価格(オープン価格の場合適宜設定される)で販売される。食品については、賞味期限が迫っても値引き販売されることはなく、売れ残りは廃棄される。(店員が売れ残りの一部を食べる場合もある) 発注は電子的に行われ、おおむね翌日ないし当日の夜に納品される。毎日納品されるもの、週3回程度納品されるもの等がある。弁当・パンなどは1日に複数回納品される。以前は納入業者がそれぞれ納品をしていたが、環境問題から共同配送や温度管理の異なる商品の混載が進み、納品するトラックの便数は減る方向である。 また、情報システム面では、POSシステムを利用し、売れ行き情報などを管理・分析する事で、売れ行き商品を的確に把握し、季節・天候・地域性・客層・流行を調査、限られた店舗内で最大売上を挙げられるよう、効率化を追求している。特に500ml入りペットボトル飲料に関しては、様々なメーカーより多種多様な製品が発売されるが、それらを限られた店舗内に取り揃える事は不可能であるため、POSデータによる分析で、長くても一ヶ月以内に売れ筋か廃れる商品かを判定され、商品入れ替えが激しく行われている。これにより市場で生き残る清涼飲料水は0.1%程度といわれている。

過去にあった出会い

ファミリア(京都府、滋賀県を中心に展開。ミニストップへ吸収合併)

  • NHK 「プロジェクトX 『日米逆転!出会いを作った素人たち』」
  • テレビ東京 ドラマ「ウッチャンナンチャンの出会いエンス物語」1990年4月 - 5月
  • テレビ朝日「年中夢中出会い宴ス」 2000年10月 - 2001年3月
  • CBC(TBS系列) ドラマ「コンビにまりあ」2001年4月 - 5月
  • 日本テレビ 「スーパーテレビ情報最前線 『出会い戦争』」
  • よみうりテレビ ドラマ・「駄目ナリ!」2004年8月 - 10月

Yahoo!検索